当院での鍼灸治療


 ・鎮痛、消炎…ぎっくり腰、腱鞘炎、関節の炎症、神経痛などに対して

 ・筋緊張緩和…肩凝り、腰痛をはじめとした筋肉の緊張や疲労に対して

 ・全身調整…なんとなくだるい、冷え、頭痛、めまい、花粉症をはじめとしたアレルギー、
        胃腸の不快感、など(特に病院で原因がはっきりしないもの)の症状に対して

これらの症状に対して、西洋医学的・東洋医学的両方の考えを融合した治療方法で行っています。

なかなか治らない症状の中には、身体全体の異常(血行不良・ストレスによる免疫低下・
胃腸障害による栄養障害など)が関係しているものもあります。そのような症状に対しては、
全身の調整を行うことによって、症状の治癒を促進することができます。

当院の治療法

当院では、身体のどこに、どの様な症状が起こったとしても、

 『身体は全身で1つのものであって、内科・外科・精神科的なものを問わず全て互いに影響し合う』

という考えを持って診療を行っております。(健康保険での治療は痛い局所に対してのみです)

たとえば『ぎっくり腰』1つをとっても、ほとんどのケースは、疲れ・ストレス・寝不足・暴飲暴食・
風邪などが根底にあり、免疫低下・ホルモン異常・血行障害が体内で起こっていたところに何かしらの誘因(物を持ち上げようとした時・前かがみになった時など)が重なって起こります。

ましてやなかなか治らない慢性症状の場合においては、症状のある部位だけを治療していては無理なケースが多々あります。

・過去に大きな病気で手術をした。(帝王切開も含む)
・薬を長期間服用している。(特に、ステロイド・ホルモン剤・抗精神薬)
・糖尿病と診断されている。
・過去に交通事故や頭を強く打ったことがある。
・冷え症、生理痛などがある。

他にも沢山ありますが、これらに心当たりのある方は、症状を慢性化させる要因をもってしまっている可能性がありますので、その要因に対しての治療をしていくのが近道となります。



 

治療手順

@問診・・・現在お持ちの症状だけでなく、産まれてから現在までにかかった

      病気やケガ、手術、体質、家族の病歴、生活習慣などをお聞きします。

 

A診察・・・西洋医学的な診察に加え、背中・お腹・手足のツボの反応、脈、問診結果

      から根本の原因を探り、治療方針を決定します。

 

B治療・・・まずは身体の内部の働き(免疫、自律神経、消化吸収、抗ストレス力、など)

      を正常化させ、自己治癒能力を引き出します。そのうえで主訴に対しての治療

      を行うことで症状がとれやすくなり、治療効果も長く続きます。

 

C生活指導・・・症状の原因が生活習慣にあることがあります。何故今回の様な症状が出た

         のかをご説明し、何をしたらよいのか?何をしない方がよいのか?を指導いたし

         ます。