4月2日 春になりました

春ですねーかわいい晴れ

と言いたいところですが、今日は寒ーい雨雨ですもうやだ〜(悲しい顔)

 

春といえば、お花見、入学式、入社式などのイベントがいっぱいですが、

体調を崩す方もとっても多いのです。

 

最近多いのが、“右の背中の痛み”もうやだ〜(悲しい顔)

そんな患者さんの肝臓の部分を押してみると、皆さん痛がります。

そう、春は肝臓が弱り易いのです。

東洋医学では何千年も前から、春は肝臓がやられ易いとされています。

 

肝臓に負担のかかる要因をあげてみると、

・お酒    (これは説明しなくても・・・です。)

・薬     (この時期は花粉症の薬を飲む方が増えますよね。)

・アレルギー(春といえば花粉症をはじめアレルギー疾患の時期です。)

・甘いもの  (毎度毎度のものです・・・)

・ストレス   (生活環境の変化と、気候の変化、などなど)

 

これらの要因は、その方の体質によって強い弱い(お酒の強い弱いのように)

があるので、人によっては薬一錠飲んだだけでも症状が出る方もいます。

 

右の背中が痛くて、肝臓の部分を押して痛い方は注意信号ですので、

気をつけましょうわーい(嬉しい顔)                                    

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14772060
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)