当院の治療法

当院では、身体のどこに、どの様な症状が起こったとしても、

 『身体は全身で1つのものであって、内科・外科・精神科的なものを問わず全て互いに影響し合う』

という考えを持って診療を行っております。(健康保険での治療は痛い局所に対してのみです)

たとえば『ぎっくり腰』1つをとっても、ほとんどのケースは、疲れ・ストレス・寝不足・暴飲暴食・
風邪などが根底にあり、免疫低下・ホルモン異常・血行障害が体内で起こっていたところに何かしらの誘因(物を持ち上げようとした時・前かがみになった時など)が重なって起こります。

ましてやなかなか治らない慢性症状の場合においては、症状のある部位だけを治療していては無理なケースが多々あります。

・過去に大きな病気で手術をした。(帝王切開も含む)
・薬を長期間服用している。(特に、ステロイド・ホルモン剤・抗精神薬)
・糖尿病と診断されている。
・過去に交通事故や頭を強く打ったことがある。
・冷え症、生理痛などがある。

他にも沢山ありますが、これらに心当たりのある方は、症状を慢性化させる要因をもってしまっている可能性がありますので、その要因に対しての治療をしていくのが近道となります。